藍育成・販売、社会貢献等、その他の活動

成長した藍葉は1年に2回ほど。通常7月に1回目の刈り取り (一番刈り)が行われ、
その後藍の葉が再生すると、9月に2回目の 刈り取り(二番刈り)を行います。
刈り取った後は、藍師におさめます。
胡蝶蘭専門のハウス
胡蝶蘭の育成販売
 

胡蝶蘭の育成販売
胡蝶蘭専門のハウス
 

そもそもなぜ緑色のダテアイから青い色が生まれるのか?
藍葉は傷ついたり、枯れると化学反応が起こり、青い色相ができる。
藍はダテ科の植物で、葉を発酵させてつくられてい る。
現在 徳島県で実際に行われている 過程はだいたい次のようである。
1.葉を刈り取り、1センチほどに刻む。
2.扇風機の風により藍葉と茎にされた選別。
3.選別された藍葉を天日干しする。(天日乾燥に2日かけます)
4.乾燥した葉は、「すくも」という染料にする。
5.発酵は100日間かかるがその間、3-4日ごとに 水やりをする。
6.できあがったすくもは、俵につめて全国の染色家のもとへ発送される。

  • 社会福祉法人徳島県手をつなぐ育成会
  • 会員募集
  • 法人本部BLOG
    ※現在準備中です
  • 関連施設BLOG

関連施設リンク

  • 障害者支援施設 ルキーナ・うだつ
  • グループホーム フローラ
  • こども発達支援事業所・相談支援センター イノセント
  • 外部団体等リンク

  • 厚生労働省ホームページ
  • 徳島県ホームページ
  • 公益財団法人 日本知的障害者福祉協会
  • 全国育成会連合会